<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

昨日、マウントクックよりテカポへ戻ってきました。

新居はいまだにぐっちゃぐちゃ。これから本格的に始めますか~!とゆう感じです。前の家のガレージにはまだまだ沢山の荷物たちが、新居に移りたくて、スタンバイ、順番待ちをしております。いや~~、新居は小さいから、整理していかないと入らないのだけれども…と悩んでいます。
そして、バスルームに追いやられたスキー・スノボ用品…ごめんね。


     そう、待ちに待ったスキーシーズンももうすぐです!!


3年連続でスノーボーダーとして、頑張りましたがセンスがないようなので、今年はスキー!

クライストチャーチを出る時に、友人から譲ってもらったスキー道具!ポールはなんだかカワイそうな事になってしまっているんですが…(笑)ま、板とブーツがあればOKですから!!子供用の板?、ちょっぴり、大人げないデザインとなんやえらいかわいらしい色ですが、関係ない!!せっかく譲っていただいたこの機会を利用して、今年はスキーをマスターするのです。
ブーツはSalomonのいいやつ♪サイズもぴったり♪

d0232115_185865.jpg


d0232115_1853454.jpg


そして、今年はウィンタースポーツを思う存分楽しもうと、なんと、シーズンンパスまで買っちゃったっっ!!テカポへ来たからには、きっと暇だろうとゆうことで、サトシと一緒にチケットを買ってしまった!アーリーバード(早割)で購入したので、最も安い価格でGETできました。半年も前の予定に$500も使う勇気は相当要りましたが(笑)先日、パスが届いたので、これで実感がわきました。

d0232115_186786.jpg


今年はなんと、「Chill Pass」です。チルパスというのは、NZの田舎のスキー場(クラブフィールド)を中心としたリフト券です。NZに11山あって、どこでも利用できちゃう、素晴らしパスです。しかし…さっきも書きましたが、田舎!のスキー場なので、チェアーリフトがある所が少ない… じゃあ、何で上を目指すって??それはシーズンになったら、また報告することにします。

今年は週2~3回を目標に、ガンガン滑りにいきま~~す!お時間のある方はぜひ一緒に滑りにいきましょう♪スノーボードも持っているので、サイズのある方はレンタルもしますので、お気軽にご相談ください(笑)

[PR]
by ryosdesign | 2011-06-29 18:06 | ニュージーランド

日本からのご依頼で、似顔絵を3枚分お届けし、無事に届いたようです。

以前、下書きの段階でUPした似顔絵達です。お得意様からのオーダーだったので、無料でサイズUPグレードをしてみました。

とっても喜んでもらえたみたいで、嬉しかったです。


d0232115_20185747.jpg


以前、テカポに住んでいた夫婦のお子さんの1枚です。やんちゃ娘のもあちゃん!ということで、NZに住む足長鳥のプケコをくわえ、テカポの有名な石造りの教会をもぎとる!?そして、テカポ湖から現れるゴジラをイメージして、「モアラ」と名付けてみました。

今回はブラックの部分は無く、全て塗りつぶしたバージョンです。依頼主の思い出がたくさん詰まった場所を再現してみました。

d0232115_20224860.jpg


ラブリーな感じで♪との依頼。お花やちょうちょ、バンブルビーを入れてみました。ふっくらほっぺがかわいい、リカちゃんです。

d0232115_20241646.jpg


最後は二人の合作。リースの中から顔をひょこりのぞかせてみました。サンプルの写真がバラバラだったんで、合わせるのに苦労しました。


似顔絵制作も板についてきました。最近は似顔絵のオーダーが本当に多いです。
ご興味のある方は、特別にカワイイ、カッコイイ写真をご用意の上、HPからEメールにてご連絡ください。

[PR]
by ryosdesign | 2011-06-27 20:27 | チョークアート

そう、マウントクックでのアクティビティー3本の指に入る、「ヘリコプターライン」!!なんと、ヘリラインで働く知人からのありがち配慮で、乗ることができました!人生初のCHOPPER!
意外と?いや、完璧ビビリなこのあたしは、内心ドキドキしてたんですが、当日は風も弱く、とても安定したフライトでした。

突然のお誘いに、カメラの充電が3個中2個しかなく、やべ~!とひとりで焦ってたのですが、なんとかおさえたい所は全て撮れました。

今回は氷河に着陸できちゃう30分フライト♪初めてのランドなので、ウキウキでした。6人+パイロットの計7人乗りのヘリコプター。マレーシアから来た家族と韓国から来たカップルと一緒にGO GO!!

d0232115_16253063.jpg


d0232115_16261849.jpg


グレンターナ空港を出て、マウントクック村を左手に見下げながら、タスマン氷河の上空を飛びます。いつもは下から見上げてるのに、変な感じ。マウントクック地方が自分の手の中に居るみたい☆

そして、ヘリはタスマン氷河の右奥の小さな氷河湖の右側の山に着陸しました。残念ながら山は雲に包まれてしまい、マウントクックは拝めませんでしたが、キレイな雪を見て、ほよよよよょよ~ん♪♪♪ 雪山の上は大体0度くらいだそうです。

d0232115_16271882.jpg


乗客全員、ハイテンション!!なぜか、パイロットはめ~っちゃクール(笑)韓国カップルは『いやっほ~~!』って叫んでて、マレーシア家族は雪合戦してはしゃいでた。おリョウはそんな風景を見て微笑みながら、地味に喜びをかみしめる。

d0232115_16275145.jpg


d0232115_16281394.jpg


恐縮ですが…帰りは韓国人の彼女と一緒に、前の席に乗せてもらえました。ふわっと離陸して前進する瞬間の、あの谷に落ちていくような体験!思わず、「うひょ~~!!」と叫んでいました。

d0232115_1629145.jpg


d0232115_16291859.jpg


氷河の溶け水が何十本もの川を作り、プカキ湖へ流れ込んでいます。天気も良く、クリアに見え、めっちゃキレイでした。

d0232115_16295032.jpg



マウントクック生活も残り2日となりました。最初は1カ月は長いなぁ、と思っていたのに、全くそんなことはなく、一瞬で過ぎ去っていく毎日でした。

ここに来てまた新たな出会いを体験し、人の温かさを改めて実感しました。

10月に結婚式を挙げるカップルからウェディングボードのオーダーを頂いたり、ネパールのシェルパ族の家族には、なんかコクがあって、クセになるシェルパTeaを何度もごちそうになったり、マウントクックなどの風景画を中心とする画家のおばさんにも出会い…
その他、色々一期一会かもしれませんが、少しで多くの人とふれあえることができました。


なんと言っても、今回ベビーシッターをさせていただいた、Iファミリーには本当にお世話になりました。二人は本当にキレイな心の持ち主で、自分の汚い心が洗い流されるようでした。産まれ持った人徳で、人種を問わず、数々の人から愛され、いつも幸運が舞い込んでくるような夫婦だと私は思います。

本当に皆さんによくしてもらい、大満足!おリョウのマウントクック体験はもすぐ終了ですが、今後もNZ、そしてテカポに居れる限り、せっかくの出会いを持続できればいいと願っています。
[PR]
by ryosdesign | 2011-06-27 16:32 | ニュージーランド

さてさて、マウントクック生活も終盤となりました。1か月が過ぎるのは早いですね…
人生楽しまないと!!

とゆうコトで、今回は2週前の週末の様子です。マウントクックの見どころを少しご紹介~~!!

☆トレッキングコース「RED TURNS」

お世話になっている家の裏に大きな山があります。自宅から歩いて5分の所に、RED TURNSトレッキングコースへの入り口があります。一人用のつり橋を渡るところからスタート!というちょっとワクワク感が増すコースなのであります。

ここのコース、なめてると痛い目にあいます。実は、前半は急な登りが40分続くという代物っ!?こんな急斜面の歩きを久しくしていなかったので、歩きだして10分で既にゼーゼー…!?

d0232115_18531084.jpg


そんなに登っていないのに、結構高く登れた感じがして、このままやと、一気にてっぺんまでめざせそう!と思ったのは束の間。ひたすら続くなが~~いなが~~い階段。途中、小さな滝があって、おおっ!!と思ったり…でも、そんなオプションも一瞬で冷めてしまうほど、きつい階段。上に行けば行くほど、よいしょっと重たいお尻を階段に置き、休憩ばかり取ってしまうおリョウでした。

d0232115_18591054.jpg


40分と聞いていたのに、10分遅れでやっと看板が見えてきた!てっぺんまであと一息~!とパワーが出てきて、はい、お写真タイム♪

d0232115_18594964.jpg


もうすぐやと思うと、残りの登りはすいすい登れちゃう。上に付くと、小さな池がありました。夏に来ると、プランクトンのせいなのか、この池が赤くなるそうです。そやから、RED TURNSなんよね。池には薄氷もはっていて、遠くにはマウントクックもきれいにそびえています。

d0232115_1935117.jpg


前々日に振った雪がまだ残っていて、キレイでした。雪が降ってからは誰も登っていないのか、ウサギの他にはあたしの足跡だけっ!ちょっぴり嬉しい瞬間GET(笑)

d0232115_194253.jpg


お決まりのゆきだるまんを作って、下りは25分ほどで行けちゃいました。

d0232115_19112512.jpg



マウントクックには数々のトレッキングコースがあります。かの有名なエドモンド・ヒラリーさん。彼は人類初、世界一標高の高いエベレストを登頂した人です。ヒラリーさんはこのマウントクックで日々、山登りの訓練をしていたのです。

山歩き上級者は本格的にマウントクックへ登るもよし。初心者の人はお手軽トレッキングはいかがでしょうか。これで、私もマウントクックの5つのルートは制覇です!!
[PR]
by ryosdesign | 2011-06-26 19:11 | ニュージーランド

広告制作の仕事

先月、広告制作のお仕事を頂きました。

NZの日本語無料雑誌と言えば、「月間NZ」ですよね。そして、今回、6月号はテカポ特集!!やってきました!!テカポ~~!

d0232115_1741822.jpg



私がアルバイトをしている、星空ツアーの会社、そして湖畔レストランのサーモン丼も載ってますよ~~!

d0232115_17421385.jpg



d0232115_17423060.jpg



そして、広告欄にご注目!!


d0232115_1743145.jpg


d0232115_174407.jpg



湖畔レストランの広告、なんと湖畔レストランに依頼され、作らせていただきました。最近はフォトショップを使って、ホームページ作りもしてるんですが、他社の広告デザイン作成は初めてでした。3種類くらいのデザインを考えたりと大変でしたが、ちょっぴり楽しく、自分の経験になり、よかったです。

こんな仕事も楽しいやろうなぁ~。なんで、WEBプログラマーになってなかったんやろう…とつくづく思ういます。永住権取れたら、WEBの専門学校行こうかな~♪  なんてね。
[PR]
by ryosdesign | 2011-06-23 16:38 | チョークアート

マウントクックでの生活も半分を越しました。毎週木曜日は、小学校に上がる前までの子供たちが集う、Play Groupというコミュニティーに参加して、ニュージーランド人、ドイツ人のかっわいーーーぃ赤ちゃんが居るところで、子供たちを遊ばせたり、ママさんグループにちょこっと参加させてもらいながら、つながりを広めてます。


そして、先日、ひょんな所から結婚式のウェルカムボードのオーダーを頂きました。私の噂を聞いて駆けつけてきてくれた、アルゼンチン出身のマックス君と宮崎県出身のマユコちゃん。

10月に式を挙げるとのことで、ちょうどチョークアートのウェルカムボードを探していたとのことでした。ほんとにラッキー♪また、抱えているオーダーが増えてしまいましたが、嬉しい限りです。

そして、マックスから、チョコレートのお土産を頂きました。
コレ…見てください!どう見ても、うん○でしょ???!!

d0232115_1961355.jpg


薄いチョコにコーティングされた生キャラメルのようなもの。そこには、クッキーが敷いてあり、ロッテのエンゼルパイを思いだしました。一つが結構大きくて、高さ3.5センチはあります。

パクっと一気に食べたら、め~~~~っちゃ甘かったぁぁぁ…  ビックリ。

[PR]
by ryosdesign | 2011-06-22 19:09 | グルメ

粘土遊び???

NZにある、子供用の紙粘土。Clayとは呼ばれず、NZに居る子供たちからは、「Play Doh!!」 と呼ばれ、愛されるおもちゃの一つです。

ラップをサランラップと読んだり、コークをコカコーラと呼ぶのとおんなじくらい、Play Dohという商品名も浸透してます。うっかり口に入っても、小麦などでできているので、親もあんし~ん。

d0232115_12214726.jpg


今回はブルーだけですが、色んな色があって、楽しいのです
  にぎにぎ、ぷにょぷにょ。。。子供に戻れそう~。においも何だか懐かしぃ…♪♪♪ しっかりフタをしめておけば、固まらないので、永久的に遊べます。

このプレイドー、チョークアートのスケッチをするときに必要なんです。デッサンにしても、基本的な絵画について習ったことがない私にとって、スケッチをするだけでも、一苦労。イメージでばかり絵を描いていると、デッサンがくるっていて、ダメです… そこで、この粘土を使って、リンゴやケーキのある程度のカタチを作って、ポジションを決めます。これが、なかなか使えるんですね~。指先をこにょこにょ動かすだけでも、脳の刺激になり、活性化もされるっっ!!一石二兆でございます~す。
 
[PR]
by ryosdesign | 2011-06-14 12:29 | チョークアート

This is a Glacier Explorers!!!


実は5月末からマウントクックに居るあたし。知り合いの娘さんのベビーシッターで、なんと1ヶ月間、国立公園に住めることになりました!!3食宿付き!!しかも、しっかりお給料までもらえちゃう、なんとも嬉しくおいしいお仕事なのであります♪ 本当にありがたい~~!!


引っ越ししたてのテカポからは、車で1時間弱離れた所に位置します。人口100人(冬季)という凄まじく僻地ですが、NZが誇るサザンアルプス、最高峰のマウントクック(3754m)があります。山肌が近く山のふもとにマウントクック村はあります。

今回は、そのおうちの奥さんの計らいで、なんとGlacier Explorersに乗せてもらえることになりました!こっちは冬になり、どんどん気温が下がっていきます。冬季は開催されないツアーで、3日後には終わってしまうところでした。いぇ~~~い!!今までに乗ったことなく、とても気になっていたツアーなので、ワックワク!!


ハミテージホテルからバスに乗り、いざ、出発っっっ!!ホテルから20分ほどバスで走り、そして3キロの軽いトレッキングコースを歩いて、タスマン末端湖をめざします。タスマン氷河が自然と後退し続け、タスマン湖ができました。でき始めた1973年は、まだ水たまりしかなかったのが、1980年にはどんどん大きくなり、今では幅2km、長さ6.5km、深さ200mのクルーズするには、十分すぎるほどの大きさになりました。

d0232115_1847149.jpg


d0232115_18494290.jpg


夏には見られない湖の氷。当日はちょうど2度くらいで、水面は2センチほどの氷で埋め尽くされていました。その中を行くボートの音っ! バリバリバリバリーー!!!ものすごい音を立てて、前進していきます。

d0232115_18564538.jpg


d0232115_18572549.jpg


青~い氷河の秘密。氷が長い年月の間に圧縮され、密度が高くなっています。強く圧縮された氷は最短の波長を持つ青を除いて、他の全ての色を吸収してしまいます。太陽の光を浴びて30分ほどで、白く濁ってしまうそうです。

d0232115_1916762.jpg


d0232115_19182262.jpg


天気は曇りでしたが、雨も降らず、マウントクックもこの通り!キレイに見えてます。
一緒に参加してくれた奥さんは、元ここのガイドさん!日本語で解説してもらえたので、一段とツアーが楽しくなりました。氷河ができる過程や、現状。色んなことを教えてもらいました。

d0232115_19202434.jpg


氷河はジグソーパズルのように、こんなくらいの大きさの氷の粒が集まってできています。近くでみると、つぶつぶ。水面下は、クリスタルの氷河が広がっていて、キレイーー☆しかも水上に出ている氷河は、全体のたった10%。日光で水上の氷が溶けてしまうと、常に10%を保つため、浮けるカタチにバランスを変えます。氷の温度はマイナス15度くらい。水の方があったかいので、水面の氷は溶けてきてますね。

d0232115_1925020.jpg


タスマン氷河。地球の温暖化で、どんどん溶けてきているそうです。

帰り際に、水から出てきた氷河発見。真っ青で、宝石のようにキラキラしてました。

d0232115_1927820.jpg


d0232115_192727100.jpg


充実した一日を過ごさせてもらって、満足満足なおリョウでした。I夫妻、本当にありがとうございました!!
いい景色を沢山みると、なんかいい絵が描けそうな気がする。身体全体で自然と向き合って、それを自分の絵にできたらいいなと思います。次のマウントクック情報も楽しみにね~~!!



[PR]
by ryosdesign | 2011-06-06 19:32 | ニュージーランド