鴨さんありがとう。

友人がハンティングしてきた野生の鴨さん。種類的にはマガモだそうな。2羽分、冷凍されたものを頂きました。何でも好奇心旺盛の相方が張りきって調理してたのですが、黒い毛?羽根?がイングローしてて、なかなか抜けないし、見た目も超気持ち悪いのです。「うげぇー!あたし食べれへんわぁ~!?」と涙目になってさばく行程を見ていたのですが…
d0232115_17205292.jpg

まずは、長岡家恒例の「突撃BBQ」天気と余裕さえあれば、玄関前の小さなデッキで急遽行われます。この日も相方の気分で突然訪れました。
d0232115_17220419.jpg

炭に火をつけ、材料を用意。今までと違うのが、今回は娘が居る事。我が子のバウンサーもお外に出し、準備万端です。
d0232115_17222605.jpg

網の上で焼かれていく鴨肉。ジュージューと音をたてて、すっごい脂ののりようです。これはうまそーだ!北海道と言えばのジンギスカンのタレを付け、濃厚な色をした赤肉を一口ぱくり。
                「おっ!?柔らかい!」
少しレバーの様なテイストも加わりつつ、想像していたよりも100倍、柔らかいお肉でした。野生の鴨がこんなに脂がのってるなんて、予想外の展開。
d0232115_17210541.jpg
そして、年越しにはもちろん鴨そば、そして正月には鴨雑煮でおいしくいただきました。見た目は結構小さめの鴨でしたが、十分食べ応えのある肉厚。これはウサギさんよりかはずーーーっとおいしかったです。いつなんどき、サバイバルな生活が襲ってくるか分かりません。そんな時が訪れれば、間違いなく鴨さんにお世話になるだろぅな。

日本の実家では、数十羽ものの鶏、チャボ、ウコッケイ、孔雀、七面鳥などなど飼っているおうちでした。他にも色んな動物が居て、それはそれは「動物園」と呼ばれるほど。そんな実家では、鳥を絞め、晩ご飯に出てくることはすごく身近なものでした。もっとちゃんと習っておけばよかったなーと少ーーーしばかり思う私でした。


ご訪問頂いた方、下記のピンクのボタンをカチっとクリックよろしくお願いします。
みなさまのご協力が、私への励みにつながります…♪
↓ココ
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
[PR]
by ryosdesign | 2015-01-03 17:53 | クッキング