「てんてん」 作り。

グッ!と地球便でも紹介された「てんてん」。うちの母親が作ってくれたガーゼのハンカチで、淵にはレース糸で編みこんであります。あたしが赤ん坊だった頃、肌身離さず、いつどこに行くにも持っていたハンカチ。この「てんてん」がないと寝つけなかったほど、愛用していました。

最近はそんな「てんてん」の存在も忘れかけていたのですが、今回のTV取材のおかげもあり、私の『てんてん熱』が再び巻き起ってしまいました(笑)

自分でもう作れる歳!と思い、今回母親がNZに来るとのことで、てんてん手作りセットも持ってきてもらいました。
d0232115_20135526.jpg

使用するのは、
 ● カラフルなレース糸(1玉400円ほどで売られているそうです。)
 ● ガーゼのハンカチ (100円均一のが上質でいいそうです。)
 ● かぎ針 (No6のほそーいかぎ針です。)


この3点さえあれば、かんわい~~ぃい、てんてん♪が作れちゃいます!てんてん、という名前の由来は…謎のままですが…。
d0232115_20281484.jpg

不器用~な手つきで頑張りました。初めは頭がこんがらがって、目もそろわないし、大変でしたが、やってるとはまってしまうんですよね。黙々とひたすら編み続け、案の定肩こり。それでも、出来上がってきた縁取りをみると嬉しくて、また編みたくなってしまうんです。これぞ、『てんてんマジック』。

やっぱり編み目は母親にはかないません。一瞬で1セットを編みこんでしまう母親に比べ、わたしはもたもた、糸が絡んで上手くいきません(笑
d0232115_20402729.jpg

習った編み方は2種類。上の「星型」と下の「扇型」と勝手に命名してます。基本、こまあみ、長編み、くさり編みそしてピコットという編み方のみ使われていて、とっても簡単なんです。
d0232115_20433243.jpg

先週のTekapo Feteでも販売してみました。手作り感と愛情たっぷりのガーゼのハンカチ、赤ちゃんに最適です♪♪♪ これで私も自分で作ることができるようになったので、子どもができたら使ってあげたいな♪
d0232115_20451712.jpg

日本で着付け師と着物を縫う仕事をしている叔母から、着物の端切れをいーーっぱいもらいました。叔母にとってこの布は全て宝物!そんな大切なものをこの私に譲ってくれました。
叔母にはシュシュの作り方を習い、たくさん作って同時にマーケットに出しましたが、これもヒット商品!やっぱり、和柄ってかわいいですよね~!海外に住んでいると、特に愛国心が強くなりますよね。なかなか手に入らないレアなシュシュ、今回大活躍でした。
d0232115_2047369.jpg


ご訪問頂いた方、下記のピンクのボタンをカチっとクリックよろしくお願いします。
みなさまのご協力が、私への励みにつながります…♪

↓ ココ 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by ryosdesign | 2012-03-24 20:54 | ニュージーランド