あれから1年…

先日より、日本から母親と叔母がNZに遊びにきています。まずは、3日間クライストチャーチで滞在。
ちょうど、地震から1年目の日。北ハグレーパークでは追悼式が行われるとの事で、行ってきました。

d0232115_645492.jpg


亡くなった方の名前がよみあげられ、2分間の黙とう。ちょうど1年前、母親がNZに来るとなっていたところ、実家の祖父が亡くなり、渡航がキャンセルになった。私が逆に日本に帰ることになり、日本到着後、すぐに地震が起きた。これもおじいちゃんが最後に、私たちを守ってくれたのだろう… と感じていました。今回の渡航は母親たちんびとって1年越しにかなったNZ渡航でもあります。そんなたくさんの意味も込めて、こうして追悼式に参加できよかったです。

ガーデンシティーと呼ばれるクライストチャーチでは、毎年恒例のフラワーフェスティバルが開かれていました。ハグレーパークのいたるところに花のオブジェなどいっぱいおかれていて、キレイでした。

大きなユーカリの木には、クリアすとチャーチや被災者に向けてメッセージが書けるようになっていて、私たちも想いを伝えることができました。

d0232115_6531570.jpg


d0232115_6545244.jpg


d0232115_655579.jpg


大聖堂の作品。何とも言えない感情になりましたが、がんばれクライストチャーチ!となんだか涙ぐんでしまいました。

d0232115_658499.jpg


クライストチャーチでは、以前働いていたモーテルで宿泊。一緒に働いていたメンバーがみんな居てくれ、それぞれに再会ができ、嬉しかったです。娘のターリアちゃんに会いたく、連れてきてくれたナイアナ。日本では英語も習っている叔母は興味深々!で、ターリアに折り紙を教えてあげました。

d0232115_71589.jpg


全く英語ができないワンさんは、仕事でもないのに早朝に部屋に来てくれ、お土産と手作りの中華ちまきを持ってきてくれました。

d0232115_743043.jpg


d0232115_745622.jpg


ワンは私が初めてできた外国人の友達、だと言って、再会を泣いて喜んでくれました。英語は全くできないのですが、片言の英語と中国語をまじえ、全身で私への想いを伝えてくれます。

懐かしいモーテル時代。こうして色んな人とつながって、再び会える嬉しさを感じました。

母親と叔母、連れまわすのは思っていた以上に疲れます(笑)今日も朝から喉が痛い。風邪をひかないようにしなくちゃね。取り急ぎのブログUPでした。


ご訪問頂いた方、下記のピンクのボタンをカチっとクリックよろしくお願いします。
みなさまのご協力が、私への励みにつながります…♪

↓ ココ 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

[PR]
by ryosdesign | 2012-02-26 07:09 | ニュージーランド